HOME

アレルギー科と耳鼻咽喉科が併科しているパターン

耳鼻咽喉科と併科しているパターン

アレルギーの中でも有名なのが花粉症などのアレルギーと、食べ物によって引き起こされる食物アレルギーだと思います。ここではそんな有名なアレルギーを取り扱うことの多い、耳鼻咽喉科とアレルギー科が併科されているパターンについて紹介しています。

耳鼻咽喉科と併科しているパターン
Pocket
[`evernote` not found]

仕事内容

仕事内容

耳鼻咽喉科の看護師の仕事は主に中耳炎やメニエール病、そしてアレルギー性鼻炎といったアレルギーが関連するものになります。さまざまな検査を行って外科的か内科的か治療方針を医師が決定しますので、外科的な処置が必要だと判断された場合には手術によって治療を行うこともあります。
看護師の仕事内容は主に医師の診察や処置の補助となり、手術の際は器具の準備から洗浄までを行います。またアレルギーを持っている人を対象とした耳の聴力検査などは稀ですが、聴力検査などは看護師が行うことが多くなります。耳鼻咽喉科を受診される患者さんの数はとても多いので、外来は他の診療科と比べると忙しくなります。

特徴

特徴

耳鼻咽喉科は重大な病気が起きることはほとんどありませんので、緊急対応が必要であったり生命に関わる病気を持つ患者さんを対応することはほとんどありません。しかし痛みを伴った治療を行ったりすることがあったり、アレルギーで悩む人が来院されるということもあるので、看護師としての患者さんの心のケアがとても重要になる仕事です。
花粉症の時期になれば花粉アレルギーを持つ患者さんがとても増えますし、花粉アレルギーを今年から発症したという人にとっては今後の対策などを入念に説明する必要があります。また精神的にも落ち込まれる方が多いので、精神的なケアがより求められます。

向いている人

向いている人

耳鼻咽喉科の仕事の特徴としては重大な病気が起きるということがほとんどないというものです。そのため他の診療科で人の死と向き合わなければならないことが、仕事を続けられないほど辛く感じているのであれば向いているかもしれません。しかしそれでも精神的に苦しまれてる姿を見なければなりませんので、強い心で寄り添ったケアができる人でなければいけません。
そして花粉症の時期は特別忙しくなるということと、そもそも来院される患者さんの数が多いということから忙しい仕事でもあります。そのためテキパキと要領よく仕事をこなすことができる人は向いていると言えます。採血や点滴といった部分も他の科と同じようにありますが、小児科などと併科されているパターンほど高い技術は求められません。

アレルギー科で働きたい方へ

当サイトは看護師のアレルギー科について紹介しているサイトです。アレルギーそのものについてや、キャリアアップするための手段も紹介していますのでアレルギー科で働きたい人はぜひご参考ください、お問い合わせはこちらまで。