HOME

アレルギー科と皮膚科が併科しているパターン

皮膚科と併科しているパターン

皮膚にあらわれる症状として、アレルギーが原因のものも多くあります。このため、皮膚科とセットで併設されているパターンも珍しくはありません。ここでは皮膚科と併科しているアレルギー科の仕事内容やその特徴、そしてどのようなことが求められているのかという点について紹介しています。

皮膚科と併科しているパターン
Pocket
[`evernote` not found]

皮膚科の患者さん

皮膚科の患者さん

皮膚科に来院する患者さんが抱える病気や悩みはとても種類が多いです。皮膚科で扱う主な病気は皮膚ガン、アトピー性皮膚炎、帯状疱疹、蕁麻疹、肌荒れ、多汗症、水虫、やけどなどがあります。そしてこれらの中でもアレルギーが原因となって皮膚が荒れてしまったり、炎症を起こしていたりするものを取り扱うのが併科されているアレルギー科の役割です。また、皮膚科の患者さんの層は子供も多いですが、老若男女問わず幅広い年齢層の方が来院します。

向いている人

向いている人

皮膚科と併科されている職場で働く際に求められることとしては、やはり患者さんの精神面に配慮できることと言えます。皮膚科はデリケートな部分や露出の多い顔や腕といった人に見られるところをケアします。そのため来院される患者さんはケアする部分に対してコンプレックスを抱いている人も珍しくありません。女性であれば特にアレルギーによって顔にブツブツができてしまうというのはかなりショックだとわかるはずです。
こういった方たちに対して何気ない会話や治療に関する話でも、一つ一つの言葉に配慮ができていなければなりません。そのため向いている人と言えるのは相手の感情に寄り添って言葉を選ぶことができ、相手の感情に寄り添ったコミュニケーションが取れる人と言えます。
皮膚科は命に関わる病気を抱えているという患者さんはほとんどいませんので、他の診療科と比べると精神的に楽であるということが言えます。また処置も塗り薬の塗布や包帯を巻いたりするなど簡単なものが多く、仕事内容そのものも他の診療科と比べると楽と言えます。やはり仕事のメインは患者さんそれぞれのストレスや要望に耳を傾け、精神的なサポートをしていくことになりますので、誠実に寄り添っていける人に向いている職場と言えるかもしれません。
そして残業や夜勤がない場所が多いですので、育児中で家事や育児との両立を図りたいと考えている人や育児休業明けの人が復帰するための職場としても、皮膚科と併科されているアレルギー科が向いていると言えます。子育てをしながら働くことが不安な人や、休業明けのブランクが心配という人にとっては皮膚科と併科しているアレルギー科がおすすめです。

アレルギー科で働きたい方へ

当サイトは看護師のアレルギー科について紹介しているサイトです。アレルギーそのものについてや、キャリアアップするための手段も紹介していますのでアレルギー科で働きたい人はぜひご参考ください、お問い合わせはこちらまで。