HOME

知っておこう!アレルギーとは何か…免疫のお仕事エラー?!

アレルギーって何だろう?

現代は多くの人が花粉症などのアレルギーに悩まされています。ではこのアレルギーのそもそもの原因はどういったことにあるのでしょうか。

アレルギーって何だろう?
Pocket
[`evernote` not found]

免疫反応のエラー

免疫反応のエラー

私たちの体の機能として、ウイルスや細菌といった異物が入ってきた際に外敵と戦い体を守ろうとする免疫というものがあります。そのひとつに抗体がありますが、この抗体の過剰な反応によって体に無害なものでもアレルギー症状が現れてしまうのです。
本来は反応しなくても良いはずの食べ物や花粉といったものに、過剰に体が反応して攻撃をし過ぎてしまうと自分自身を傷つけてしまうかゆみやくしゃみになります。つまりアレルギー反応は免疫反応がエラーを起こしている状態と言えます。

IgE抗体

IgE抗体

アレルギーの原因となっているのはアレルゲンと呼ばれたり、抗原と呼ばれています。花粉やダニといった身の回りに多くの種類のアレルゲンがありますが、どの種類のアレルゲンに反応するかは人それぞれで違います。そのためアレルギーを持っているからといって全てのアレルゲンに反応するわけではありません。
自分がアレルギー反応を起こしてしまうアレルゲンが体内に入ると、IgE抗体と呼ばれるたんぱく質が作られます。そしてこのIgE抗体は皮膚や粘膜にあるマスト細胞の表面に張り巡らされます。この状態でアレルゲンが再び侵入してきてIgE抗体と結合したとき、マスト細胞につまっているかゆみなどの症状を引き起こす科学物質が放出され、アレルギー症状が出てしまいます。

なぜ目や喉がかゆくなるのか

なぜ目や喉がかゆくなるのか

アレルギー反応についてもう少し掘り下げて解説します。アレルゲンが口や鼻、目などから体の中に入ると免疫反応によってIgE抗体が作られます。そしてこのIgE抗体がマスト細胞と呼ばれる細胞と結合します。マスト細胞は主に皮膚や粘膜にある細胞ですので、目や喉といった部分に多い細胞です。そしてアレルゲンが体の中に入ってきた際にマスト細胞にくっついた抗体が反応すると、マスト細胞の部分に化学物質が放出されます。アレルギーを引き起こして目や喉といった部分が痒くなったりするのはこういった理由からとなります。

即時型が多い

即時型が多い

アレルギーは4つのタイプに分類されますが、アレルゲンが体内に入った直後から数時間以内で症状が出るアレルギー反応のタイプは即時型と呼ばれます。この即時型もIgE抗体の反応が原因であり、アレルギー疾患の中でも多く見られる花粉症や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などもこのタイプなので、アレルギーの中では即時型が大きな割合を占めます。

アレルギー科で働きたい方へ

当サイトは看護師のアレルギー科について紹介しているサイトです。アレルギーそのものについてや、キャリアアップするための手段も紹介していますのでアレルギー科で働きたい人はぜひご参考ください、お問い合わせはこちらまで。